ビジネスに欠かせないホームページ

あるマーケティング会社の企業の営業/販促担当者調査によると、58%もの人が最も商談に繋がりやすいのは「ホームページからの問合せ」と回答したそうです。

そして、2021年の政府統計によると、企業のホームページ開設率は9割を超えており、ホームページは持っていて当たり前の世の中になっています。ビジネスにおいて、名刺交換後、相手に興味があれば必ず名刺に書いてある会社のホームページにアクセスし確認します。

もし、名刺に会社のホームページのアドレスがなければどうなるでしょうか。相手の興味は薄れ、机の引き出しの中の名刺入れに直行、そのまま出てくることはないでしょう。ホームページがないということは、「インターネット上に情報がない」=「会社が存在しない」ということになります。そして、それは会社の信頼度低下にもつながります。

また、あるアンケートによると、ホームページを導入していない会社経営者の半分以上の理由が「特に必要を感じない」からだそうです。

ホームページを持たない理由

  1. わざわざホームページを作る必要性を感じない。
  2. 無料のSNSで十分。
  3. ホームページは欲しいが管理する人がいない。

どの意見も十分理解できます。理由は、ホームページを持つ意味がまだまだ認知されていないことに原因がありそうです。

ホームページの効果

では、ここでいくつかホームページを持つべき理由を、いくつか挙げてみたいと思います。

  • 自社の情報を広く届けることができ、情報共有が可能になる。
  • URLがあるだけで、お客様同士の口コミ(情報共有)が容易。
  • デジタル媒体なので、紙の広告よりも安い料金で、動画、画像など制限のない情報量で幅広く広報活動ができる。
  • 24時間稼働により、いろんな人の目に留まる可能性が高ま流。
  • その結果、お客様から問い合わせなどから、ビジネスにつながる。
  • 24時間365日、営業時間外でもメールで問い合わせを受け付けることができる。
  • 最新情報の追加や既存情報の変更が即座にでき、社内で管理することも可能。

SNSを見た人がもっと会社やお店の情報が見たいと思った場合、SNSに掲載されている以上の情報を得ることはできません。
例えば、ラーメン屋さんのSNSを見て興味を持った時、一番人気のメニューはどれか、定食はあるの、ライスのサービスはあるか、など気になることが出てきます。もしそれら疑問に答えることができなければお客様の行動はそこで終了です。

そこで、ホームページがあったらどうでしょうか。SNSからワンクリックでホームページにアクセスして頂くことで、メニュー詳細やお店の場所の地図などお客様が欲しい情報を漏れなく提供できます。そしてさらに期間限定の割引クーポンがあったらどうでしょう。きっとお客さまはお店へ直行するはずです。

ホームページを開設するには

ホームページを開設するには、下記のものが必要になります。

レンタルサーバーとの契約これから作るホームページのデータの置き場所です。金額は会社によってピンキリです。年間契約にした方が安く済みます。
ホームページ作成ホームページはワープロを作るのとでは作成方法が全く違います。読み込みを早くするため画像容量を圧縮したり、閲覧者を誘導するためのレイアウト設計、書体や見出しの設定をする必要があります。
専門知識が必要になりますので、難しい場合は専門家に相談するのがおすすめです。
ドメインの契約ドメイン(ホームページにアクセスするための名前。例えばこのホームページのドメインは”syncster.jp”になります。)を決めて契約します。

開設しただけでは意味がない

ホームページは作っただけでは誰も見てくれません。下記のような仕組みを作って初めてアクセスが発生します。

1. スマホ表示対応

自社ホームページのスマホ対応は必須事項です。スマホからのアクセスが7割と言われており、売上にも直結します。

2. Google対策

Googleに登録することにより、検索エンジンにも表示されやすくなり、アクセスがされやすくなります。またアクセス解析も重要です。

3. SNSとリンク

SNSを単独で運用するよりも、ホームページと連動させることで、効果が上昇します。「いいね」の数よりもどれだけホームページに誘導させることができるかがキーになってきます。

さあ、ホームページを作って多くに人にサービスを伝えましょう。

無料で相談承ります。

ご相談の前に、よくあるご質問

Q1. 料金を教えてください。

まずはご予算をお聞かせください。できるだけ予算内に収まるようにいたします。

Q2. どれくらいで納品になりますか?

規模にもよりますが、おおよそ15日〜30日になります。

Q3. サイト公開後もサポートしてくれますか?

制作完成後もサポート可能です。更新などの運用をお任せすることも可能です。

Q4. とりあえず相談のみでも良いですか?

大丈夫です。

お問合せ


050-5362-2570

(10:00am-17:00pm)